笑う時に歯茎が出る「ガミースマイル」の治療法

笑った時や口を開けた時に歯茎が出る状態になることを、「ガミースマイル」と言います。
ガミースマイルはあごの骨格や歯並びが原因となって起こるので、自然に治るものではありません。歯茎が見えないように改善させるには特別な治療を必要とします。
軽度のガミースマイルは笑顔を作る時の口の開け方に気を付ければ、ある程度は気にならなくなります。上の歯茎にボトックスを打って、歯茎の盛り上がりを一時的に目立たなくさせる治療法もあります。本格的にガミースマイルを直したい人は、歯列矯正をして歯並びを変えるか、あごや歯茎の手術を受けて大掛かりな治療をする必要があります。
ガミースマイルのコンプレックスから解放されれば、笑顔にも自信が持てるようになります。治療を考えている人はまず、自分に合った治療法を探すところから始めましょう。

ガミースマイルの種類によって治療法が違う

歯茎が出る原因を探ると、いくつかの種類に分けられます。
生まれつき歯茎が大きくて歯が短い、または歯の生えている位置が低いと笑ったときにガミースマイルになりやすくなります。このタイプの症状には、歯列矯正で骨格と歯の位置を変える方法が適切です。
上唇や歯茎の筋肉が発達しすぎていて笑う時に歯茎が出る場合は、粘膜切除手術を受ける人が多いです。上唇の内側と歯茎にメスを入れて余分な粘膜を取り除くことで、唇が上がりすぎないようになります。
上あごが突き出ていて歯茎が目立つ人は、上あごの骨の一部分を切除して後方に引っ込める上顎骨体移動手術を受けるという方法もあります。軽度で出っ歯が目立つ程度であれば、この大掛かりな手術を受けなくても歯列矯正で上あごの位置を変えることができます。

中にはあまり勧められない治療法もある

口が大きい人は必然的に歯茎が見えやすくなります。あまり一般的ではありませんが、口を小さくするために両端を縫い付けるという方法もあります。しかし生活に支障が出る恐れもあり、医師が勧めている方法ではありません。
そして、歯や骨格に問題を抱えている人は粘膜切除手術を受けてもガミースマイルを完治させることはできません。一時的に目立たなくなったとしても、骨格により歯茎が引っ張られてすぐに元の状態に戻ってしまいます。
口回りの筋肉が強い人には、歯茎にボトックスを打つ治療法が人気です。しかしボトックスは薬剤によって筋肉の動きを制限するものなので笑い方が歪になる恐れがあります。また、一度ボトックスを打ったら半年から一年ほどしか効果が持続しません。ボトックスはあくまでも一時的な対処法の一つとして考えてください。