笑うと歯茎が出るガミースマイルの治療法とは

笑った時に唇が上がり歯茎が出ることを、ガミースマイルと呼びます。これは歯茎の部分が歯より長いことが原因で、歯茎と歯の長さのバランスが取れている人よりも歯茎が多く見えてしまうのが特徴です。ガミースマイルは見た目が良くないので、笑った時に口元を手で隠す癖をつけたり、人前で口を開けて笑わないようにしている人も多く見られます。さらに見た目だけでなく、前歯の部分が乾燥しやすいというデメリットもあります。唾液は歯肉炎や虫歯を抑える効果もあるため、乾燥することで様々な歯のトラブルを引き起こす可能性もあります。治療法としては歯列矯正や、骨・粘膜などを外科手術で整える方法が存在します。歯茎の長さや骨の形によって最適な治療法は変わってきますので、歯科医院で医師に相談するのが最適です。

歯茎が見えやすくなる原因について

笑った時に歯茎が出る原因として考えられるのが、骨格や筋肉の付き方です。治療や改善するには、歯科医院や美容整形外科など専門家の下で原因を特定し、原因に合わせた治療を行う必要があります。歯茎が出てしまう原因で最も多く見られるのが、骨格や歯の影響によるものです。上顎の骨が縦に長い場合や、通常より前に出ている、歯並びが悪く出っ歯気味の人がガミースマイルになりやすい傾向にあります。上顎の骨が縦に長いと、歯茎に対して上唇が短くなり、笑った時に上唇が上がることで歯茎が見えやすくなるのが特徴です。他の原因としては、歯茎が発達して歯茎の粘膜が前歯に覆い被さるような形状になっている場合や、上唇を持ち上げる筋肉が発達していて、上唇が縦に短いことなどが挙げられます。

症状が軽い場合は歯列矯正で治ることも

歯茎が出る症状にも個人差があり、歯列矯正だけで治療が行えることもあります。歯列矯正では、上顎に生えている左右の歯を1本ずつ抜き、矯正用のインプラントと歯の表面にブラケットと呼ばれる装具を付けて矯正します。前に出ていた上の歯を、ゆっくり時間をかけて歯茎の方へ押し込み正しい位置へ戻していく流れとなります。徐々に力をかけていくので、治療期間は2年から3年程度必要です。歯列矯正で上の歯を歯茎の方へ押し込んだ後は、歯が見える部分が短くなることもあります。歯を移動させたことによって、歯茎やその下にある骨が余ってし見栄えが良くない場合、歯列矯正の後に余った歯茎や骨を切除する施術を行います。さらに歯茎の高さに合わせて歯の形を整えるために、前歯をセラミックで矯正する治療も存在します。