笑うと歯茎が出る治療法について

笑ったときに歯茎がでる症状のことをガミースマイルといいます。歯よりも歯茎の方が長くなっているため、話すときや、笑ったときなどに歯茎が見えてしまうため、見た目がそれほど良くないうえに、前歯の部分が乾燥がしやすいというリスクがあります。
前歯の部分が乾燥しやすいということで、口腔内の細菌の活動が活発になりやすいため、歯肉炎や虫歯などになりやすい場所となっております。歯茎が見えてしまうということで、コンプレックスに思っている方も多く、そのため、笑ったときに見える歯茎を隠すようになったり、笑顔が少なくなってしまうといったことがあり、コンプレックスが原因で、さらに心の病気に発展してしまうということもあります。
原因と治療法はいくつかあり、症状に合ったものを選ぶことが大切です。

歯茎が出るガミースマイルの原因とは

まず、上唇を挙げる筋肉の力が強いため、骨格や歯茎に問題がなかったとしても、笑うと過剰に上唇が上がり過ぎて、歯茎の上の方まで唇がめくりあがってしまうことが挙げられます。
歯茎が短い、歯が生えている一が短いといったことも原因の一つです。通常の歯よりも短く、その反面、歯茎の面積が大きいということで、会話や笑うといったことで、歯茎が見えやすい状態となっております。また、歯茎が低い位置から生えているということで、歯が短くなくてもその分歯茎が見える面積が大きくなってしまっているということもあります。
最後に、上顎の骨が前方に過剰に発達しているということで、唇が前方に出ているため、歯茎や歯を覆いきることが出来ないことで、唇の力を少し緩めてしまうだけで、歯茎が露出してしまうということが原因となっているということが原因の場合もあります。

歯茎が出る症状に合わせた治療法

歯が少し出ている方や、歯並びが不ぞろいといったことが原因の場合には、歯冠長延長手術という方法で、歯が長くなり過ぎないように歯の先端の位置も上方に上げます。ガミースマイルの程度や長さに応じ、歯茎を切る量や仮歯の長さのデザインを綿密に行います。次に歯型を取り、セラミックの歯を被せることで治療することができます。
歯並びは綺麗なのにガミースマイルという方は粘膜切除術という方法がお勧めです。唇の裏側の粘膜を切り取り、密着させて縫合することで治療します。
上顎の骨が突出しているために出っ歯になっている方は、上顎骨切り術がお勧めです。まず、コンピューターシミュレーションで術後のイメージを確認し、術後のイメージを確認し、口腔外科と連帯によって、顔のバランスやかみ合わせなども考慮し、骨格から理想のフェイスラインに整えるために骨を切る手術をおこないます。口腔内からのアプローチをするため、傷口が気になるということはありません。