笑うと歯茎が出る原因と治療方法

にっこり笑った笑顔は素敵なものですが、その時歯茎があまりに露出していると、そちらに目がいってしまいます。この笑うと歯茎が出る状態をガミー(歯茎)スマイルと言います。
ガミースマイルは、歯が乾きやすく、虫歯や歯周病になる可能性が高くなると指摘されてはいますが、健康上深刻な影響を及ぼすものではありません。本人が気にならなければ、治療の必要はないとされています。しかし審美性の問題から気にしている人も多く、人前で思い切り笑えないと悩んでいる人もいます。
歯茎が出るのが気になる人は、口腔外科や矯正歯科、美容外科などで治療を受けることができます。ガミースマイルになるにはいくつかの原因が考えられますので、まずは原因を特定し、適切な方法で治療する必要があります。

歯茎と顎の骨格に問題があるケース

笑うと歯茎が出てしまう原因で最も多いのが、歯や上顎の骨格に問題がある場合です。歯茎が長かったり、上顎の歯茎の部分が前に出ていたり縦に長かったりといった場合、歯茎が見えやすくなります。
この場合の対処として多いのが骨切術と呼ばれる方法で、顎骨の一部を切り除き、固定するというものです。上顎の左右の歯を抜いて、出ている前歯の部分を後ろへ移動させる治療方法もあります。どちらの方法も、治療期間は長くなりますが、原因を根本から解消できるため、後戻りの心配がありません。
また、歯の状態によっては歯と歯肉をもちあげるインプラント矯正を行うケースもあります。これは、ねじ状のインプラント体を歯に埋め込んでそこを支点とし、ゴムなどをひっかけて上の歯列全体をひきあげる矯正方法です。

筋肉が強すぎて持ち上げすぎてしまうケース

歯茎が歯に大きくかぶさっている場合も見えやすくなります。この場合はかぶさった歯茎や粘膜を切除して、歯肉の形を整えることで対処します。
また上唇を引き上げる上唇挙筋という筋肉の力が強い場合、過度に上唇を引き上げてしまい、歯茎が出てしまいます。この場合、対処法としてよく行われるのがボトックス注射で、筋肉の力を弱めることで上唇があがりにくくします。体への負担が少なく手軽にできる治療法ですが、半年ほどで効果が切れるため再度注射をする必要があります。また上唇の裏側の粘膜を切除して縫合する方法もあります。
ガミースマイルの原因が何かによって適切な治療方法は異なります。医師や歯科によっては希望する治療方法を行っていないところもあります。実績があり、信頼できる医院や歯科医院でよく相談し、治療を受けましょう。

小顔を目指す方にはBNLS+エラボトックスが当院おすすめの施術です。 口腔外科専門医、指導医、AO Alumni member! 実際に施術をするドクターが時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 Vライン輪郭手術で美しい下あごを形成できます。 出っ歯、口元突出の改善ゆがみ改善など、釣り合いの取れた理想の骨格形成に導く美容外科手術。 模擬手術の後、万全の状態で施術に臨みます。 歯茎が出るのが気になる方はこちらへ